2014年1月18日土曜日

タクシーでのモバイル決済

タクシーでのスマートフォン決済について、前に色々と書き連ねましたが、改めて現状を書いてみます。

今まではSquare一択、VISA/MASTER以外のクレジットカードはNECのPE3000を使用しておりました。が、楽天スマートペイのJCB対応により、楽天一択になっています。正直、楽天ダサイなぁと思っていますが、そんな事は関係なくなるほどJCB対応は大きいです。

もうひとつの大きな理由としてBluetooth接続のモバイルプリンタSM-S210iが安価で購入できたことです。楽天スマートペイのJCBカード対応記念キャンペーンで9,800円で購入しました。Amazonでは36,500円です。前にも書きましたが、紙のレシートの重要性(メールでのレシート送信はタクシーでは手間です)は使う度に感じていましたが、なにぶんプリンタの価格が高すぎて手が出ませんでした。ちなみにこのプリンタはSquareやCoineyでも使用可、PayPal Hereでは使用不可でした。

SM-S210iでの利用に関しては、楽天スマートペイでレシートを発行した場合、クレジットカード売上票として印刷されます。デカデカと楽 R 天に続いて私の事業者情報、利用カード、支払区分といったようにひと目でカード決済を利用したとわかるレシートです。一方Squareは、事業者情報と金額に続いて、下部にVisa(MasterかAmex) 0000(下4桁)といった形で印字され非常にシンプルです。

個人的にはSquareのほうが好きなのですが、余りにもシンプルでカード決済を利用した感覚が薄いレシートです。私のタクシーにはタクシーメーターと一体型のプリンタもありますから、こちらで充分かなと思いますし、タクシーは幅広い年代のお客さまにご乗車いただきますから、シンプルさよりも安心感を重視して、楽天スマートペイに軍配といった感じでしょうか。また楽天はiPhone/iPadのアプリから共にレシート印刷可能ですが、SquareはiPadのみ可というのも不便です。


タクシー事業者の視点から適当に書いてみましたが、その都度自分にとって良いものを、一社に固定せず使っていきます。PayPal Hereも今春からJCBに対応するようですし、他社も当然考慮しているでしょう。同じくPayPalではこんな事も始めたようです。私のタクシーもこの顔パス支払いは利用可能ですが、まだ試したことはございません。一度利用してみたいので、お乗り合わせ頂いた場合はぜひ一声お掛けください。

東京ではUber、大阪ではTaxivのような、古臭いタクシー業界からは猛反発を喰らうような面白いサービスが出てきています。こんな魅力的な新しいサービスが生まれる一方で、いなたいタクシー減車法案が4月から施行されます。この法案に思うことは多々ありますが、面倒なので書きません。

タクシー事業者の第一義は輸送の安全と旅客の利便です。この2つは旅客自動車運送事業運輸規則に何度もしつこくでてきます。が、旅客の利便に関して出来る事はまだまだ残されています。今年は上記法案や消費税増税などタクシー事業にも色々な動きがありますが、弱小個人タクシー事業者として旅客の利便の向上に貢献できればと思っております。

それにしてもUberってうまいですね。あまりにカッコよくて洗練されているので、逆に運転手が恐縮しちゃうんじゃないかと思うのは考えすぎでしょうか?

privé taxi /札幌でアルファードの個人タクシー/北海道観光、新千歳空港への送迎、ビジネス貸切はもちろん、日々の移動手段として、車という個室空間、少しでも快適にご乗車頂けますように。

2014年1月10日金曜日

今年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。



privé taxi /札幌でアルファードの個人タクシー/北海道観光、新千歳空港への送迎、ビジネス貸切はもちろん、日々の移動手段として、車という個室空間、少しでも快適にご乗車頂けますように。